お知らせ 一覧

2018.10.1510月23日(火)物理探査学会学術講演会での特別講演・特別セッションのご案内 地球システム科学科都市・交通デザイン学科 お知らせ
2018.9.2010月6日(土)9:45〜「環境塾」(都市デザイン学部共催)が開催されます! 地球システム科学科材料デザイン工学科都市・交通デザイン学科 お知らせ
2018.9.3【入試】AO入試学生募集要項を公開しております 地球システム科学科材料デザイン工学科都市・交通デザイン学科 お知らせ

トピックス 一覧

2018.10.3立山で野外実習を実施しました! 地球システム科学科 教育・学修活動
2018.10.210/6(土)はイベントが盛りだくさん! 地球システム科学科都市・交通デザイン学科 広報
2018.9.118月3日・4日にオープンキャンパスを実施、述べ600人の方に来場いただきました! 地球システム科学科材料デザイン工学科都市・交通デザイン学科 その他広報

地球システム科学科について

白亜紀の和泉層群(約 8,500万~6,500万年前の地層):中央構造線の活動でできた盆地を埋めた地層です。地層一枚一枚に,中央構造線の謎を解く鍵が秘められています。

こんな夢を実現したい人のための学科です。

  • 地球の成り立ちや、自然・環境などに興味がある。
  • 地球や地域の自然についての未解明の問題に挑戦したい。
  • 地球や地域の自然についての知識や視点を将来の職業に活かしたい。

地球の仕組みを学び、安全・安心な社会のデザインを考えよう!

本学科では、地球科学のほぼ全ての分野を網羅するカリキュラムにより、大気から海洋、地球内部まで幅広く「地球」を学べます。学んだ知識を“生きたもの”にするために、高低差4000mという富山のユニークな環境を舞台とした豊富なフィールドワークも準備されています。

また地球科学の知識と地域を結びつけるための取組みとして、自然災害の発生メカニズムを理解する「自然災害学」、地形などの情報を地図上で整理する「地球情報学」、得られたデータを分析する「データサイエンス」等が開講される予定です。

これらの学びを、デザイン思考(理想を形にするためのクリエイティブな思考プロセス)を基に統合することで、自然災害などの社会課題に対して「地球」と「地域」の両方の視点をもって解決策を創造できる人材の育成を目指します。

地球システム科学科 学びの特長

  1. 空から海・地球内部まで幅広く「地球」を知る。
  2. 高低差4000mのユニークな環境を教材に地球の仕組みを学ぶ。
  3. 「地球」の学びを安全・安心な社会のデザインに生かすための授業科目の開講。

卒業後の主な就職先

研究機関や地質コンサルタント、建設コンサルタントなど。大規模開発に必要な地質調査や物理探査をはじめ、自然災害や資源開発の調査・分析の現場や、気象予報士としての活躍が期待されます。

  • 官公庁
  • 地方自治体
  • 空間情報関連企業
  • 資源関連企業
  • 地質・環境コンサルタント
  • 土木・建築業
  • ソフトウェア開発企業 など