都市・交通デザイン学科

土木学会中部支部大会にて優秀講演者賞を受賞!

2022年3月4日にオンライン開催された「令和3年度土木学会中部支部研究発表会」において、都市・交通デザイン学科4年の上埜由美子さんが研究発表を行い、優秀講演者賞を受賞しました。
発表した内容は、欧州諸国において都市デザイン手法として数多く実施されている「設計競技(デザインコンペ)」に着目し、公開されているデータベース(TED: Tenders Electronic Daily)を用いた分析により、主要各国のコンペの特徴を明らかにすることを試みたものです。
欧州では、建築物のみならず、街路などの歩行者空間、公園、広場、橋、水辺、駅舎など、人々の生活をとりまく公共インフラや公共空間のデザインを設計競技方式を通じて決定していくことがごく一般的になされています。
それぞれの場所に最もふさわしいデザインを多くの案の中から選ぶこの方式は、それぞれの街に生きる人々の生活の質を豊かに変えていく可能性に満ちた優れた方式です。

演題: 欧州諸国の公共調達における設計競技方式の公告情報のテキスト分析
執筆者: 上埜由美子(富山大)、王永成(富山大)、久保田善明(富山大)


2022.03.18 新着情報