都市・交通デザイン学科

入門ゼミナール ~フィールド実習成果発表~

7/28(木)の「入門ゼミナール」は、フィールド実習から得られた成果発表をグランドプラザにて行いました。
学生はフィールド実習の準備から、まとめや考察について一カ月に渡り学修を進め、今回の発表に臨みました。まちなかの公共の場での発表でしたが、どの班も自信をもって成果を発表しており、貴重な経験になったのではないかと思います。
今回の成果発表をもちまして、今年度の「入門ゼミナール」は修了となります。講義を通じて触れた都市・交通デザイン学科が対象とする様々な分野の魅力について、今後さらに学びを深めていくことを期待します!

左:1班「職人不足の秘密兵器はICT!?」、右:2班「常願寺川 -今回の見学から考える河川の在り方-」

左:3班「ゲリラ豪雨と河川改修」、右:4班「富山大橋について学ぶ」

左:5班「岩瀬が好きになるまちづくり」、右:6班「LRTの車両基地と保守の仕事 富山地方鉄道南富山車両基地-」

左:7班「建設コンサルタントと新湊大橋」、右:全体の様子

最後は学生からのお礼の言葉で締めくくられました。今年度は11回グランドプラザで開講しましたが、毎回の会場設営には学生たちが協力しあい、富山市民プラザの方に大変お世話になりました。ありがとうございました。


2022.08.04 教育・学修活動