都市デザイン学部

技術士合格卒業生からのメッセージ

技術士取得および JABEE 課程に関して、卒業生からメッセージを頂きました。
都市デザイン学部でも、卒業時に「技術士補」の資格を取得できるようにカリキュラムを実施中です。

材料デザイン工学科の受験をご検討中の皆様ならびに在学生の皆様へ

山陽特殊製鋼株式会社
粉末事業部 粉末技術部
技術3グループ
技術士(金属部門) 山本隆久
富山大学大学院理工学研究科物質生命システム工学専攻 平成18年度修了
富山大学工学部物質生命システム工学科 平成16年度卒業

1)はじめに
 この度、金属部門の技術士二次試験(以下、二次試験)に合格いたしました、卒業生の山本隆久と申します。材料デザイン工学科の受験をご検討中の皆様ならびに在学生の皆様へ、私の技術士受験のきっかけと技術士取得および JABEE 課程の重要性について考えを述べさせていただきます。

2)技術士制度との出会いと技術士の受験きっかけについて
 私は平成13年4月に、当時の工学部物質生命システム工学科に入学後、講義中の説明で技術士制度を初めて知り、興味を持ちました。その後、JABEE 課程(材料工学コース)を卒業し、大学院を経て、現職の山陽特殊製鋼株式会社へ入社しております。当社の資格取得報奨金の制度において、技術士は博士号、弁護士、弁理士等と並び、最高ランクに位置づけられる資格とされております。
 二次試験受験のきっかけとなったのは、社会のグローバル化です。成熟期を迎えた日本において鉄鋼業である当社も例外ではなく、一社員として社会のグローバル化を感じております。今後の海外顧客との取引では、技術士資格の重要性が増すと考え、この度受験し、晴れて金属部門に合格いたしました。受験に際し、周囲の皆様から温かい励ましを受けるとともに、上司から高い評価をいただいております。

3)技術士取得および JABEE 課程の重要性について
 技術士は高い能力を持った技術者に与えられる国家資格ですが、国際資格化や加盟国同士での相互認証等によるグローバル化への対応が進んでいます。したがって、技術士取得は世界にむけて皆様が、高い能力を持っていると証明するひとつの手段となるでしょう。
 技術士取得には通常、一次試験の合格のほか4年~7年と長い実務経験を必要とします(総合技術監理部門を除く)。社会人から技術士取得を目指す場合、受験は結婚、出産、子育等の大きなライフイベントと重なる時期になる可能性があり、勉強、仕事、プライベートの3つバランスを保ちながらの合格は大変難しいものです。事実、私は4歳と1歳になる子供の子育てをしながら、二次試験の勉強時間を確保し、何とか合格にこぎ着けました。その中において、一次試験合格と同等とみなされる JABEE 認定課程の卒業は、二次試験合格に必要な勉強と実務経験取得に集中する上で、大きなアドバンテージであったと感じております。富山大学材料デザイン工学科は、JABEE 認定課程で、技術士取得を目指したいとお考えの方はぜひ、同学科への受験をご検討されることをおすすめします。

4)在学生の皆様へ
 私が勤めております山陽特殊製鋼株式会社は、高品質な特殊鋼製品や金属粉末製品を安定供給することで社会発展への貢献に努めており、技術士となりました私も含め、優れた指導技術者が多く在籍しております。JABEE 課程卒業後、二次試験受験に必要な実務経験を積む環境が整っておりますので、今後の技術士取得も見据え、就職先候補として興味を持っていただけたら幸いです。

謝意
 技術士(金属部門)取得にあたり、これまでの学習、実務業務の中でご指導、ご鞭撻いただきました皆様、そして、受験にあたり惜しむことなく協力してくれた家族にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。


2020.04.28 トピックス