都市デザイン学部

ウィーン工科大学土木工学部との学術協定を締結しました。

オーストリア、ウィーン工科大学土木工学部と富山大学都市デザイン学部の部局間学術協定が締結されました。
ウィーン工科大学はヨーロッパのほぼ中央に位置し、ドップラーを始めとする著名な研究者を多数輩出するなど、オーストリアで最もレベルの高い工科大学です。また、音楽の都ウィーンらしく、「美しき青きドナウ」などの作品で知られるワルツ王ヨハン・シュトラウス二世もここで学びました(後に中退して音楽の道に進みました)。

この大学には土木工学を専門とする学部が独立として存在し、本学都市デザイン学部のコンセプトと非常に近く、研究、教育面で共通する点が多いといえます。また、ウィーンは公共交通、都市政策等の面で世界的に見てもトップレベルにあり、本学部として学ぶべき点が大きいと考えられます。本協定をきっかけに両大学の学生、教員の交流が進み、教育・研究活動がより活発化していくことが大いに期待されます。


2019.11.12 その他