カブトガニの足あと化石をつくる!

日本古生物学会2019年年会(静岡市;6月21日~23日開催)において、大学院理工学教育部修士課程1年の海野奏さん(地球システム科学科・佐野教授の研究室)が中心になって進めた研究が優秀ポスター賞を受賞しました。

研究題目は、「生きている生痕化石」の形成実験:カブトガニ類生痕に関する堆積学的・行動学的検討 です。
オープンキャンパスでも関連した内容を紹介します。ぜひ見に来てください!


2019.07.25 トピックス