地球システム科学科

ジオガイドスキルアップ研修に地球システム科学科教員と学生が協力!

8月22日(水)に立山黒部ジオパーク協会が主催するジオガイドスキルアップ研修が開催されました!

大藤教授が講師を担当し、地球規模の視点で富山の地質の重要性などを強調しました。

また、1年生2人も参加し、研修の準備や受付をしたり、ジルコンという鉱物の顕微鏡観察のサポートなどを行いました。

ジルコン一粒一粒の年代測定のためにレーザーで開けられた穴の直径は1mmの1/30程です(ジルコン写真の右側の黒い線がシャーペンの芯です)。

こんなわずかな試料で年代が測れる技術に驚かされます。

1年生2人は、同じ日の午前に同様のスキルアップ研修で8月29日に安江准教授が案内する呉羽山周辺の地形・地質の下見にも参加し、一般の方に近い感覚で観察内容などを一緒に検討しました。

富山で観測史上最高の39.5度という猛暑の中で頑張りました!

 


2018.08.27 トピックス