都市・交通デザイン学科

河野准教授:道路橋の設計、維持管理に関する講演を行いました!

都市・交通デザイン学科協力会の活動の一環として開催された勉強会において、河野准教授が「地方都市における安全な道路橋整備・維持のための基礎知識 〜平成29年道路橋示方書改定を踏まえて〜」と題して、講演を行いました。
今回の勉強会には、富山県内・市内の建設コンサルタント会社や地盤調査会社の方、技術系の公務員の方など約40名の方が参加されました。

今後増加する道路橋の維持管理や性能規定型の設計においては、道路橋示方書(以下、「道示」)の正しい理解と運用が必須であることから、H29に改定された道示の執筆者である河野准教授が、道示の体系や設計の意図、運用にあたっての留意事項などをお話ししました。

H29道示の改定は、制定以来の大改定といわれるほど、大きな改定であり、新しく規定された事項も多くあります。

正しい理解と運用のために、引き続き尽力してまいりたいと思います。


2018.12.06 トピックス