都市・交通デザイン学科

道の駅「たいら」を拠点とした自動運転サービスの実証実験 の開始式に参加

都市デザイン学部の堀田裕弘教授が、南砺市平地域の道の駅「たいら」を拠点とした自動運転サービスの実証実験の開始式に参加し、周辺に設けられた約400メートルのコースをレベル2の自動運転車で試乗しました!

中山間地の活性化にも貢献できそうです!


2017.11.30 トピックス